サポートに連絡する| システムステータス
ページコンテンツ

    Adobe-AEM-Brightcoveコネクタ:インストール

    このトピックでは、Adobe エクスペリエンスマネージャー(AEM)用の Brightcove コネクタのインストールについて説明します。

    はじめに

    Adobe-AEM Brightcove コネクタを使用すると、AEM 内で Brightcove ビデオクラウドの動画とプレーヤーを管理し、AEM ページに動画を簡単に埋め込むことができます。

    新しいVideo Cloud Studioの基礎

    AEM  開発インスタンスをまだお持ちでない場合は、AEM Quickstart .jar ファイルを使用して簡単に作成できます。

    java  -Xmx1400M -jar AEM_6.3_Quickstart.jar

    このクイックスタートを使用する場合、AEM インスタンスはデフォルトで http://localhost:4502 でホストされます。以下のセクションでは、このデフォルトの場所が使用されるため、別の場所またはポートを使用している場合は、手順に示されている URL を調整するか、代わりに AEM ナビゲーションメニューを使用する必要があります。

    コネクタの取り付け

    次の手順では、クラシックインタフェースを使用してコネクタを取り付ける手順を説明します。

    • https://github.com/brightcove/Adobe-AEM-Brightcove-Connector/releases/に移動し、お使いの AEM のバージョン(brightcove-all... zip ファイル) 用のコネクタをダウンロードします。
    • AEM の開発インスタンスを起動します。
    • ログインしたら、CRX パッケージマネージャー (http://localhost:4502/crx/packmgr/index.jsp) に移動します。
    • [アップロード] ボタンをクリックします。
      Upload Package
      パッケージをアップロード
    • アップロードダイアログで、コネクタの zip ファイルを参照し、「OK」をクリックしてアップロードします。
    • 一覧にパッケージが表示されたら、[インストール] をクリックしてインストールします。
      Install Package
      パッケージをインストールする
    • コンソールバンドルページ (http://localhost:4502/system/console/bundles) に移動して、パッケージがアクティブであることを確認します。
      Verify Package Status
      パッケージステータスの確認

    これらの手順を完了すると、コネクタは正常にインストールされ、構成に進む必要があります


    ページの最終更新日07 Oct 2021