サポートに連絡する| システムステータス
ページコンテンツ

    Adobe-AEM-Brightcoveコネクタ:構成

    このトピックでは、Adobe エクスペリエンスマネージャー(AEM)用の Brightcove コネクタの設定について説明します。

    はじめに

    Adobe-AEM Brightcove コネクタを使用すると、AEM 内で Brightcove ビデオクラウドの動画とプレーヤーを管理し、AEM ページに動画を簡単に埋め込むことができます。

    設定手順

    以下のセクションでは、クラシックインターフェイスを使用して Adobe-AEM BrightCove コネクタを構成する手順について説明します。これらの手順を完了する前に、コネクタをインストールする必要があります。 Adobe-AEM-brightCove コネクタを参照してください。インストール

    DAM トランスコーディングを無効にする

    デフォルトでは、AEM DAM にビデオアセットをアップロードすると、バックグラウンドで ffmpeg が実行され、ビデオをさまざまなフォーマットにトランスコードします。  DAM にトランスコードされたアセットが不要な場合は、トランスコーディングをオフにして、処理時間とストレージを節約する必要があります。

    1. AEM ツールを開きます。
      AEM ツール
    2. ワークフローを選択:
      Workflow Tools
      ワークフローツール
    3. モデルの選択:
      Models Tools
      モデルツール
    4. リストビューの選択:
      List View
      リストビュー
    5. DAM 資産の更新を選択します。
      DAM Update Asset Configuration
      DAM 資産設定の更新
    6. [編集] を選択します。
      Select Edit
      [編集] を選択します
    7. ワークフローから [FFmpeg トランスコーディング] をダブルクリックして編集します。
      Select FFmpeg Transcoding
      FFmpeg トランスコーディングを選択
    8. [ステッププロパティ] ダイアログで [プロセス] タブを選択します。
      Select Process Tab
      [プロセス] タブを選択
    9. プロセスを「オペレーションなし」に変更します
      Change the Process
      プロセスを変更する
    10. OK をクリックしてダイアログを閉じ、変更を保存します。
      Save Changes
      変更の保存

    ローカルでトランスコードされたビデオアセットが必要な場合は、AEM サーバーに ffmpeg がインストールされていることを確認する必要があります。

    1. コマンドラインを開いて次のように入力して、 FFmpegがインストールされていることを確認します。
      ffmpeg
    2. ffmpegコマンドが見つからない場合は、インストールする必要があります。

    アカウント情報を入力してください

    これで、Video Cloud アカウント情報を使用して AEM BrightCove コネクタを設定する準備ができました。

    1. AEM Web コンソール設定マネージャーを開きます(http://localhost:4502/system/console/configMgr)
    2. Brightcove サービスを検索して、サービスを見つけます。
      Find Brightcove Service
      Brightcoveサービスの検索
    3. +記号をクリックして、新しい設定を追加します。
      Add Configuration
      設定の追加
    4. ダイアログでは、下図のように値を入力します。見るAPI認証クレデンシャルの管理クライアントIDとクライアントシークレットを取得する手順については。ここで必要な権限は次のとおりです。
      Require API Permissions
      必要な API アクセス許可
      • 設定フォームの推奨値は次のとおりです。
        • アカウントエイリアス :コネクタに表示するアカウントの名前を入力します (必須)
        • アカウント ID : ブライトコーブのパブリッシャー ID を入力します (必須)
        • クライアント ID : ブライトコーブ API 認証ページから Brightcove クライアント ID を入力します (必須)
        • クライアントシークレット :ブライトコーブのクライアントシークレット API を入力します (必須)
        • [許可されたグループ] : コネクタにアクセスするグループを指定します (必須)。コネクタが所属するグループであることを確認します。
        • Players Store Path : このブライトコーブアカウントのプレイヤーにデフォルト値を維持するか、 選択したフォルダを使用します (必須)
        • デフォルトのビデオプレーヤー ID : デフォルト値を維持するか、別のプレーヤー ID を選択します (必須)
        • デフォルトのビデオプレーヤーキー :非推奨、空白のままにするか、前のコネクタの値を使用
        • デフォルトのプレイリストプレーヤー ID : プレイリストを使用する予定の場合は、プレイリストに対して有効になっているプレイヤー ID を入力します (必須)
        • デフォルトのプレイリストプレーヤーキー :非推奨、空白のままにするか、前のコネクタの値を使用
        • プロキシサーバー :以前にプロキシを使用していた場合は、空白のままにするか、プロキシを入力します。
        • ダム統合パス :このブライトコーブアカウントのビデオアセットにデフォルト値を維持するか、または選択したフォルダを使用します (必須)
        • 取り込みプロファイル:アップロードされた動画に使用するブライトコーブの取り込みプロファイルを指定し、空白の値はデフォルトプロファイルを使用します。空白/デフォルトが機能しない場合は、Brightcove のサポートに Video Cloud バックエンドでデフォルトプロファイルが定義されていることを確認してください
    5. 設定をテストします。  http://localhost:4502/brightcove/admin を参照して、右上隅のプルダウンで追加した Brightcove アカウントを選択します。 動画が表示されない場合は、以下のいずれかの理由が原因である可能性があります。
      1. API  認証情報アカウント IDクライアント ID およびクライアントシークレットが登録されている可能性がありますコネクタ構成に正しく入力されていません
      2. ブライトコーブで API 認証情報が適切に設定されていません
      3. 現在ログインしているユーザーは、 コネクタ構成で許可されたグループのメンバーではありません。
      4. ネットワーク設定により、ブライトコーブのクラウドサーバへの API アクセスがブロックされています。詳細は、「ネットワークおよび API 接続の問題のデバッグ」を参照してください。
    6. 複数の Video Cloud アカウントを使用する場合は、アカウントごとに前の手順を繰り返します。

    ブライトコーブプレーヤーをセットアップする

    最後の設定タスクは、Brightcove プレーヤーをセットアップすることです。

    1. サイト管理ツール(クラシック UI では http://localhost:4502/siteadmin#/content、タッチ UI では http://localhost:4502/sites.html/content)に移動します。
    2. 最上位の Web サイトフォルダーで、設定の Players  ストアパスに一致する新しいフォルダーを作成します。 デフォルトでは、  構成内のフォルダ名はbrightcovetoolsと呼ばれ、内部にプレイヤーと呼ばれるフォルダがあります。 複数の Brightcove アカウントに接続する場合は、アカウントごとに一意のプレーヤーフォルダーを作成したい場合があります。
    3. プレーヤーフォルダ内に新しい Brightcove プレーヤーページを作成します。
      Player Page Creation
      プレイヤーページ作成
    4. ページを作成したら、そのページを右クリックし、クラシック UI のメニューから [プロパティ] を選択します。タッチ UI でページを選択し、[プロパティ] をクリックします。
    5. ダイアログの [Brightcove Basic] タブと Brightcove アカウントに移動し、リストからプレーヤーを選択します。
      Select Player
      プレーヤーの選択
    6. 複数のプレーヤーを公開できるようにする場合は、上記の手順を繰り返して、各プレイヤー用のページを作成します。
    7. プレイリストも使用する場合は、上記の手順を繰り返して、プレイリストプレーヤー用のページを作成します。
    8. 複数の Brightcove アカウントを使用している場合は、アカウントごとにプレーヤーページを作成する必要があります。

    Brightcove アセットロケーションのメタデータスキーマをアクティブ化

    V5.4 以降のコネクタで Touch UI を使用している場合は、ブライトコーブアセットの場所のメタデータスキーマをアクティブ化する必要があります。  クラシック UI のみを使用している場合、これは必要ありません。 次の手順で、メタデータスキーマをアクティブ化します。

    1. AEM ツールを開きます。
      AEM ツール
    2. アセットの選択:
      アセット
    3. メタデータスキーマの選択:
      メタデータスキーマ
    4. [Brightcove] を選択し、[フォルダに適用] をクリックします。
      Brightcoveを選択
    5. brightcove_assets フォルダーが存在しない場合は、brightcove_assets という名前のフォルダーを作成します。
      作成
    6. 「brightcove_assets」という名前を入力してください:
      Brightcove_アセットフォルダを作成する
    7. brightcove_assets を選択し、「適用」をクリックします。
      Brightcoveアセットの選択

    これで、AEM-BrightCove コネクタの設定が完了しました。「コネクタの使用」に進みます


    ページの最終更新日07 Oct 2021